日曜日の夜、次の日の仕事を考えて憂うつになったり、会社に行きたくないなと思ったりすることはありませんか?

月曜日は1週間の始まりです。

やる気とパワーにみなぎった1週間にするためにも、気持ちよくスタートさせたいですよね。

じつは、月曜日を憂うつに感じる、「ブルー」になる原因は、サザエさんではなく週末やの過ごし方にもあるようです。

今回はそんな「月曜日の朝が憂うつになる悪い習慣」「休日の眠り方」についてまとめてみました。

月曜日の朝が憂うつになる悪い習慣とは?

•週末は仕事からの開放感からついついお酒を飲みすぎてしまう

•日曜日は昼くらいまで寝ている

•休日はゴロゴロしていることが多い

•日中寝すぎたせいで夜になっても眠くならず、夜更かししてしまう

これらはブルーマンデーになる悪い習慣といわれています。

いくら次の日が休日だといっても、お酒を飲みすぎてしまえば熟睡できず、次の日のも遅くまで寝てしまいます。

起きたとしても、体がしっかり休めていないためダルさが残り、なんとなくゴロゴロしていることになります。

そして、夕方になり「サザエさん」が始まるころには…。

あぁ~ッ…。

この繰り返しでは、日曜の夜もぐっすりと眠れないでしょうから、さらに憂うつになり、月曜の朝は、精神的にも肉体的にもけだるくなりますよね。

まずは、週末の過ごし方の習慣を変えましょう。

とくに、週末のお酒の飲みすぎ習慣は内臓にも負担がかかるため、体の疲れがなかなか抜けませんのでご注意を。

やっぱり、仕事の解放感からお酒を飲みすぎてしまうのは、日々それだけ仕事のプレッシャーやストレスがあるからなんですよね…。 僕も昔はよくやってしまいした。とくに自由な独り身のときは…。

週末のドカ寝は厳禁?

平日に不足した睡眠を週末の多少のまとめ寝で解消するのは、ある程度なら有効ですし、大切なことです。

しかし、いつもよりたくさんまとめて寝る「ドカ寝」習慣は、ブルーマンデーの引き金になってしまうんですよ。

休日で一週間が変わる?

なぜドカ寝が悪いのか?

休日にたくさん寝ることで不足した睡眠時間を補うのはいいのですが、平日と睡眠リズムが大きく違う週末を過ごすと、
日曜日の夜から平日モードに戻るのがとても難しくなります。

睡眠リズムを崩さないポイント

では、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。

•休日の起床時間は、平日のプラス2時間以内にする

•15時以降の昼寝(仮眠)はしない

平日の2時間プラス睡眠で寝足りない場合は、30分以内の昼寝で補う方がおすすめですよ!

僕も日中に眠気があるときは、10分くらいの仮眠をちょいちょい挟む方法をつかってますね。

また、15時以降に30分以上の昼寝をしてしまうと、どうしても本気寝になってしまう可能性が高く、1~2時間寝てしまうことも…。

そうなってしまうと、夜なかなか眠れない原因になり、平日の睡眠リズムを崩しかねないので気をつけましょう。

まとめ

今回は「月曜日の朝が憂うつになる悪い習慣」についてまとめてみました。

注意するポイントは、大きく2つでしたね!

•週末の過ごし方(お酒の飲みすぎに注意!)

•睡眠リズムを崩さない休日の寝だめの仕方(30分以上の昼寝は注意!)

月曜日が苦手!という人は意外と多く、「月曜日を考えないようにするには、休日をどうリラックスすればよいか?」などの対策も人それぞれあるようです。その方法のひとつに「日曜日の夜はできるだけ早く寝る」というものがありました。

確かに僕もそう思います。早く寝てしまえば、「憂うつな日曜の夜」は短くできますし、しっかりと睡眠をとって、すっきり目覚めれば、「憂うなつ月曜日」も少しはましになりそうですもんね。そのためには、やはり週末の悪い習慣を見直し、睡眠リズムを崩さないようにして、日曜の夜はぐっすりと眠れるようにしたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク