「自分のいびきがうるさくて目覚めてしまった…。」そんな経験ありませんか?

僕もたまに?家族に「うるさい!」と言われています…(笑)

いびきの音や大きさなどは個人によって違いますが、いびき自体が不眠症をひきおこすことはありません。

しかし、いびきによっていろんな障害を誘発し、結果質の良い睡眠が得られにくい状態になってしまうのも事実です。当然これが習慣化してしまうと、不眠症になる可能性もあります。

このようにいびきには、睡眠の質や不眠をはじめ、体の健康状態を判断する様々なサインが隠れています。

今回は、眠りの質を見分ける予兆ともいえる「いびき」について、原因や対策、眠りとの関係性についてご紹介させていただきます!

いびきの原因と対策

睡眠中は筋肉がゆるみ、空気の肺への通り道である気道の筋肉もゆるみます。しかし、さまざまな原因で気道が圧迫され狭くなると、いびきが発生します。

口呼吸

本来人間の呼吸は、口よりも鼻が適しています。鼻づまりなどで、睡眠中に口呼吸をしていると、舌が下がってくるため気道が狭くなってしまい、いびきが発生しやすくなります。

仰向けで眠る場合、舌が喉の奥に落ち込んでしまうため、どうしても気道が狭くなりやすい状態になります。仰向けで寝るよりも、横向き横向きで寝ることをおすすめします!

抱き枕などを使うときでも、横向きの方が、寝ているときの姿勢が安定しやすく、こうすれば気道を広く保つことができ、いびきも解消されるはずです。

疲労やストレス

疲労やストレスも、いびきの原因となります。

心身ともにが疲れきっていると、喉まわりの筋肉がゆるみ舌が喉の奥に落ち込んでしまいます。それにより、気道が狭くなり、いびきが発生してしまいます。

疲労やストレスが、一時的ないびきの原因となっている場合には、あまり問題はありませんが、いびきが習慣化しないよう、眠る前のリラックスが必要です。

ゆっくりと温めのお風呂に入ったり、お気に入りの音楽を聴きながら、ハーブティーやホットミルクを飲むなど、短時間でも、ゆったりできる時間を持つのがポイント!また、普段から、ストレスをためすぎないことも大切ですよ。

アルコール(お酒)の摂取

アルコールの摂取も喉まわりの筋肉がゆるんで、舌が下がり、気道が狭くなります。とくに大量のアルコール摂取は、かなりの高確率でいびきが発生しやすくなります。

僕も会社の飲み会のあとは、いびきがすごくうるさいと家族に訴えられた経験があります(笑)

アルコールは血行を促進させるため、血管が広がり粘膜が腫れてちょっとした鼻づまりを起こしやすくなります。鼻がつまると、口呼吸になるため、いびきが発生してしまうんですね。

いびきが気になる人は、お酒は就寝3時間前には飲むことをやめておくのが無難です。

もちろん大量に飲み過ぎたり、アルコール度数の強いお酒などの場合は、基準が変わりますのでご注意を!

眠れない時の寝酒は、寝つきは良くなりますが、時間とともに眠りが浅くなり、睡眠の質が低下するため、翌日以降に疲れを残してしまいます。

また、お酒に頼った眠り方は、アルコール依存のリスクも高めてしまうといわれています。

 

身体の構造

日本人ならではの、身体構造が原因になることもあります。日本人は欧米人よりも下顎が小さいため、もともと気道が狭くなりがちとされています

。鼻も欧米人に比べ高くないので、鼻づまりも起きやすく、口呼吸になり、気道が圧迫されるため、いびきにつながりやすいのだそうです。とくに、アゴの小さい女性は注意が必要です。

 

肥満(メタボリックシンドローム)

肥満もいびきの原因のひとつです。喉まわりに脂肪がつき、ただでさえ気道を狭くしやすい状態に加え、仰向けに寝た姿勢になると重力により、さらに気道を狭くしてしまいいびきとなります。

また、近年では肥満度指数の増加とともにいびきを発生しやすくなることが分かってきました。いわゆるメタボですね。とくに、メタボ傾向にある人は気道を過度に圧迫して塞いでしまうため、大きないびきをかきます。男女問わず、メタボ傾向にある人は注意が必要かもしれません。

さらに、肥満によるいびきには、「睡眠時無呼吸症候群」という病気を引き起こす可能性が大きいことも見落とせません!

睡眠障害と病気

「睡眠時無呼吸症候群」という病気をご存知ですか?

眠っている間に気道 が圧迫され狭まり、呼吸が止まってしまう病気です。

その睡眠時無呼吸症候群の患者さんの多くに、いびきの症状が見られるといわれています。

1時間に5回以上無呼吸状態になる人は注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群ではない場合でも、いびきによって睡眠の質が下がれば、十分に疲労回復できず、日々の仕事にも影響が出かねません。いびきをかくと、十分に酸素を取り込めないので、

  • 睡眠の質の低下
  • 睡眠不足
  • 免疫力低下

を招き、目覚めの悪さや、さまざまな睡眠障害も引き起こします!

しっかりといびき対策をして、健康的な睡眠を取り戻しましょう。

いびきの対策グッズは?

今はさまざまないびき対策グッズが市販されています。
しかし、大切なのはいびきの原因や、そこに隠れているかもしれない病気のリスクを見つけることです。
それを理解した上で、あくまで補助的に使用するようにしたいものですね。

まとめ

今回は、眠りの質を見分けるサインともいえる「いびき」について原因や対策、眠りとの関係性についてご紹介させていただきました!

いびきは睡眠の質が低下しているサインであり、それに関連した睡眠障害や病気のリスクもあるなど、本当に気をつけたいものですね!

僕も以前、会社のストレスと不規則な食生活で、完全なメタボでした。睡眠中に呼吸が止まっているということを、嫁さんに指摘されたこともありました。

そんなことも忘れかけていた頃、今回の原因と対策を知り「たかが、いびき」と思っていた考えを、あらためさせられました。僕の今後の課題は、会社での飲み会があった夜のいびきでしょうか(笑)

みなさんも、しっかりといびき対策をしてぐっすりと眠りましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク