2020年の十五夜【中秋の名月】は満月じゃない?その真相を解説します! 

スポンサーリンク

夏の猛暑もおさまり、ようやく秋を迎える頃にやってくるイベントの一つに十五夜があります。
十五夜は「中秋の名月」とも呼ばれ、日本では古くから親しまれていますね。

2020年の今年は、10月1日(木)が十五夜にあたります。

ちょうど涼しくなってきた時期に、澄んだ夜空に浮かぶ満月を見上げてお月見!なんて風流を感じるのも、たまにはいいものです。

でも今年2020年の十五夜は、なんと満月じゃない!って知ってました?

十五夜なのに満月じゃないの???
中秋の名月なのに満月じゃないの???

そこで今回は、

  • 2020年の十五夜(中秋の名月)が満月ではない真相

だけでなく、

  • 2020年の十五夜を楽しむためのベストな時間や方角

なんかについてもまとめてみました。

これを読めば、2020年の十五夜を誰よりも深く知ることができます!!

2020年の十五夜【中秋の名月】は満月じゃない?

2020年の中秋の名月、いわゆる十五夜は10月1日(木)です。
「中秋の名月」とは、太陰太陽暦(旧暦)の8月15日の夜に見える月のことです。

今年は10月1日が中秋の名月、翌日の10月2日が満月と、中秋の名月と満月の日付が1日ずれているのです。

これは、新月から満月になる周期が14日〜16日とブレがあり、暦とずれてしまうことから起こるたびたび起こる現象なんですね。

 

十五夜とは単に暦の上でのことで、実際の満月ではないということが真相だったのです。

 

そのため、2020年は残念ながらせっかくの十五夜にも関わらず、10月1日は満月ではありません。

今年のように、中秋の名月と満月の日付がずれるのは、実はそう珍しくないようですよ。

 

ちなみに満月の時刻は、10月2日(金)6時05分頃です。

 

2020年の十五夜・中秋の名月はいつ?

2020年の「中秋の名月」いわゆる十五夜は、10月1日(木)です!

気になるお天気ですが、今のところ気象庁での正式な10月の天気予報は発表されておりません。が、調べてみるとダイキン工業さんが発表している2020年10月の天気予報なるものを発見!

 

それによれば、2020年10月1日の天気予報は、

 

関東地方で雨…、です…。

 

まあ、あくまでも7月6日現在の予報ですので確定ではありません、念のため…。

お月見を楽しむ時間のピークや方角は?

十五夜を楽しむためには、お月見に最適なピークの時間や、方角なんかも知っておく必要がありますよね。

 

2020年10月1日(木)の「中秋の名月」のピーク時間は21時頃、方角は南東です!

 

あくまでも、東京の空での予測なのですが、全国的に大きな変化はありません。ただ、それよりも天候による見え方の違いのほうが心配ですね…。

十五夜の由来や意味とは?

十五夜とは旧暦の8月15日の夜のことで、「中秋の名月」の名前も旧暦に由来します。

 

「中秋」とは旧暦8月15日のことで、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋と呼んでいたことから、この「中秋」という名がつきました。

 

ちなみに旧暦(太陰太陽暦)は、月の満ち欠けで日付が決められています。

 

現在の日本の十五夜は、「先祖供養とともに秋の収穫を祝い感謝する」という、五穀豊穣を祈る行事でもあるんですね。 そのため、イネに見立てたススキを飾って豊作を祈るのです。

まとめ

今回は、2020年の十五夜が満月ではない真相や、お月見を楽しむ時間や方角、また十五夜の由来や意味についてまとめました。

 

  • 十五夜とは、旧暦の8月15日の夜のこと
  • 十五夜は必ずしも満月ではないということ
  • 2020年の十五夜「中秋の名月」は10月1日(木)
  • お月見のピークの時間は21時頃
  • お月見の方角は南東

あとは今のところ、雨と予想されている天気が心配なところです…。

 

それではみなさん、ステキな十五夜を楽しんで下さいね~!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました