しっかりと睡眠時間はとっているのに、朝起きたとき体の疲れが抜けていない…。と感じている人。

部屋着のまま眠ったりしていませんか?

家に帰ってくると、部屋着に着替え、寝るときも部屋着のままでという人も多いかもしれません。

もしかすると、部屋着が体を締めつけたりする影響で、ぐっすりと眠れていないのかも知れませんよ。

以前は僕もそうでした。わざわざパジャマに着替えるのも面倒だし、洗濯物が増えるだけと思っていました。

しかし、パジャマに着替えて眠る習慣を身につけることも、快適な睡眠のためには必要な要素の1つなのです。

今回は、なぜ部屋着で寝るのはよくないのか?その理由と、快適なパジャマの選び方などをご紹介させていただきます!

 

パジャマを着る理由は?

リラックスできること

寝る時の格好で1番大切なのは、締めつけずリラックスできること。

ジャージやスェットなどのスポーツウェアを部屋着にしていて、そのまま寝ている人も多いと思います。

しかし、もともと運動時に着ることを想定してつくられているため衣類の柔らかさや肌への感触いった、リラックスできる要素よりも、手首や足首の部分が締め付けるよな形状になっている物など、機能性を重視して作られています。これではリラックスできず睡眠時に着るものとして最適ではありません。本当にリラックスした状態から得られる熟睡を妨げてしまいます。

その点パジャマであれば、ゆったりとして、縫い目も少ないためごわつき感もありません。

袖口や裾も締め付けるようなものがない作りになっているものが多く、睡眠時に大切なリラックスした状態にしてくれます。

 

肌触りや着心地

パジャマには肌触りや着心地が良くて、通気性や保湿性に加え、吸湿性が高い生地のものが多く、人がリラックスするために優れているので、就寝時の衣服として最適です。

睡眠スイッチが入る

これがとても大切なことです。

毎日寝る前にパジャマに着替えることを習慣化させることで、着替えた時に、脳と体へ睡眠スイッチが入るようになるのです。

パジャマを部屋着のように着て過ごしていたのでは意味がありません。

寝る前に着替えるのがポイントです。

きちんと習慣化されれば、あなたの脳と体は、パジャマに着替えるとリラックスした状態になり、自然に心地良い眠気が起こるようになるでしょう。これで、今までよりもぐっすりと眠れるはずです。

 

選び方やおすすめは?

寝る格好に最適なのはパジャマだということは分かりました。

では、どんなパジャマがよいのでしょうか?

パジャマの選ぶ時のポイントは、3つあります。

 

着心地、保湿性、通気性

 

この条件を考えると、パジャマには綿やシルクなどの天然素材がおすすめです!

また、ガーゼやネルといった、肌触りがよくて柔らかい生地も、人をリラックスさせてくれます。季節によってうまく使い分けると、より質の高い睡眠をとることができるでしょう。

また、シルクのパジャマを選ぶ際、吸湿性に優れている日本製をおすすめします!

海外製のものは手頃な値段のものも多いのですが、汗をかくと肌にはりついてしまうこともあるため、自分が心地よく使えるものか、きちんとチェックすることも大切です。

そして、夏に冷房を使用する場合は、冷えすぎに注意し、半袖と5部丈のパンツがよいでしょう

短パンは、朝方に冷えますし、翌日の体のだるさにもつながります。

冬は首や肩を冷やさないように襟付きのもので、長袖、長ズボンのタイプでネル素材などがおすすめです!

 

冬の時期に見られるフリース素材はあまり吸湿性を重視していないものが多く、汗をかくとべたつく感じになってしまうこともあります。

最近では、吸湿して発熱する化学繊維を取り入れた生地も多いですが、パジャマとして着るのなら、化学繊維を使用した製品であっても、肌触りや柔らかさを確認するようにしましょう。

 

最後に、番外編として何も着ないで寝るのはどうなのか(笑)?

答えは、汗を充分吸収する素材のシーツを使い、掛け布団をかけれていば、何も着ないで寝ていても問題はないとのこと。

むしろ、衣類による締め付けなどがないので、代謝にもよろしいらしいです(笑)

ただし、シーツは毎日洗い、掛け布団がはがれてしまっても問題ないように、室温をしっかりコントロールしておくことが大事になってきます。

何も着ないで寝るというのも、なかなか大変なんですね(笑)

まとめ

今回は寝る前にジャマに着替える習慣作りとして、その理由や、パジャマの選び方をご紹介させていただきました!

以前の記事で書いた、寝るときの温度や湿度に関連して、気をつけたいのが就寝時の格好です。せっかく室温を整えても、寝る時の格好が部屋着のままでは、よく眠れませんし、、衛生的にもあまりいいとは言えませんよね。

どのパジャマが自分に合っているかは、人それぞれ好みがあると思いますが、選び方や着るタイミングで、睡眠に影響がでてくることも分かりました。

せっかくなら、パジャマを習慣にしたいものです!また、寝ている間にはコップ一杯分の汗をかくといわれています。パジャマのこまめな洗濯を心掛け、清潔でリラックスできる睡眠環境を保つようにしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク