Hagex(岡本顕一郎)さんが、低能先生(低脳先生)なるネットの荒らしに殺害されるという痛ましい事件が起きてしまいました。

その荒らしは、事件後「低能先生(低脳先生)」と話題になっています。

 

  • なぜ低能先生(低脳先生)と呼ばれているのでしょうか?

 

  • 低能先生(低脳先生)の意味や行動はどのようなものだったんのでしょう。

 

今回は、低能先生(低脳先生)の意味や行動を、本名や経歴を交えて調べて紹介します!

スポンサーリンク

低能先生(低脳先生)の意味がやばい!

2018年6月24日20時頃、福岡県福岡市でHagexこと岡本顕一郎さん(41歳)が背中を刃物で刺され病院に搬送後、死亡が確認されるという非常に恐ろしいい事件が起きてしまいました。

 

その後、23時頃に「犯人は自分です」という男が福岡東署管内の交番に出頭し、男のバッグを調べると血の付いた刃物が見つかり、県警は岡本さん殺害の容疑者として男を逮捕する方針です。

そして、この男が低能先生(低脳先生)と話題になってしまったのです。

低能先生(低脳先生)の意味は?

低能先生(低脳先生)とは、「はてなブックマーク」では有名な荒らしだったようですね。

また、低能先生(低脳先生)とは低能(おバカ)な先生という意味ではなく、この荒らし本人が低能」という言葉をよく使っていたためにつけられた、ネット上のあだ名のような意味で使われていたようです。

 

そして、そんな低能先生(低脳先生)の行動は、

IDコールを利用して複数の一般ユーザーに誹謗中傷を何度も繰り返すといったものでした。

そのため、何度も自身のIDは凍結されてしまうのですが、その度新規のアカウントを登録し、ネット上に誹謗中傷を繰り返していたのです。

低能先生(低脳先生)の作っては凍結された捨てアカウント(ID)の一部を暴露 ↓

う~ん、やはりこれはちょっと病的ですよね…。

 

 

当然、はてなブックマークにもかなり目をつけられていたらしく、「低能先生」と書き込むだけでID凍結されるほど酷かったようです。

 

このように、あまりにも荒らしがひどいため、Hagexさんが「低能先生を通報しよう!」と書いてしまったために今回の事件の標的になったのではとも言われています。

とはいえ、殺人は絶対に許されるものではありません!

スポンサーリンク

Hagex殺害松本栄光の経歴は?

ここで、今回の事件の容疑者(低能先生)の経歴などを見ていきます。

 

名前:  松本英光

呼び名: 低能先生(低脳先生)

年齢:  42歳

職業:  無職

容疑:  殺人と銃刀法違反容疑

42歳無職ということなので、やはり日常での不満や、憂さ晴らしが目的の荒らしだったのでしょうか…。

 

松本栄光容疑者はインターネットブログに記事を投稿しており、犯行声明をしていた可能性が話題になっています。
低能先生(松本栄光)が書いたと推測されているブログのコメント

 

Hagex殺害松本栄光の写真は?

顔写真はこちらになります。

 

42歳とありましたが、年齢よりは若く見えるでしょうか。

う~ん、横からの写真では何と言ってみようもありませんが…。

今後事件の全容はさらに明らかになっていくでしょう。

 

群馬県みなかみ町パラグライダー墜落事故の理由は!男性が2人死亡!

まとめ

今回は

  • なぜ低能先生(低脳先生)と呼ばれているのでしょうか?
  • 低能先生(低脳先生)の意味や行動はどのようなものだったんのか?

ということについてまとめてみました。

ネット上での議論が、煽りが本当の殺人へとつながった事件。これからも十分起こり得る可能性は大きいですし、いろいろと考えさせられまる事件でした…。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク